2013年4月24日水曜日

あーりーさん対琵琶湖用ポッパー開発中。

先日、といっても数回の釣りでいくつかのプロトタイプを試しました。

といっても発売するかどうかも解らない、気まぐれで作ったものです。

リクエストを頂いたのは、先日リールOHをご依頼頂いた、あーりーさん。

琵琶湖に対する探究心が半端じゃないです、しかも理論的。
私には無理です、だって適当にバスが居そうなとこを雰囲気で舐めてるというか片っ端から
やるだけですもん。

でも、琵琶湖の赤野井、一文字は最高に好き。
ドピーカンの日中でも活性のいい、中型くらいのバスが猛烈に追いかけてくるのが見えるし。
バイトもボイルを打てば激しい。

けど、琵琶湖もライトリグで通せば、確実にとれるというのは昔にガイドのプロが近所の釣り具店
でバイトをしていた時に沢山、ガイド艇にサービスで乗せてもらって解ったコト。

しかし、朝だって、昼だって、夜だって水面に出せる方法がいくつかあることを知った。

1つ、水面がベタなぎ もしくは逆で波立っている時はダブルスイッシャー。
2つ、デカペンシルで桟橋付近を1日やりたおす。
3つ、ポッパーでボコボコ、いらだってくる位のポーズ(アクティバなんかのウィードエリア)

今回は3つめのシュチュエーションをターゲットに作ってみることにした。

出るタイミングはオチパク、ポーズ 両方とも着水音が大事。
だから、ウェイトは限りなく後方重心、それでいて水平に浮いてくれる。
イメージは、フラポッパー。

チュピチュピやるんじゃなくて むかしながらの丸型の気泡をふくんだあれ。

ボコン ボコン ポーーーーーーーーーーーーーーーーーーズ ボコン ボコン
ぽーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーズ ボコン

チョン、どーんっ! ってのを目指してます。

あーりーさん もう少し待ってて下さいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿