2013年5月20日月曜日

ABU 5600 C4 キャンディーピンクアルマイト完成!

北陸在住のG籐様、お待たせしました。
そして、色々とご連絡有難うございます!
 
お預かりから2週間程度かかりましたが、ようやく完成しました!
ジュラルミンの再度カップ5600C4 ピンクアルマイト。
 
んーーっつ! カッコいい!
蛍光灯の明かりじゃこのカッコよさが伝わらないのが残念ですが、既に発送済みです。
楽しみにお待ち下さい。
 
(うんたらかんたら言ってましたけど、グリコみたいに豪華(笑)?オマケパーツも付いてます、
飽きたら付けてみて下さい、そして使い込んだら見せて下さい。)
 
当初はHOT PINKとのことでしたが、ドギツイピンクになってしまいましたが
納得頂いて嬉しかったです。
 
そして、ABUに対する思い入れが凄いです。
対象魚はブラックじゃなくて、雷魚、ナマズをメインにされているとの事。
また、大阪にも来て頂いた際には、長モノ釣りを一緒出来れば最高です。
 
補足:ジュラルミンを勿体ぶって高性能としているメーカーもありますが、ABUのジュラルミン
も年々高性能になってます、今回のサイドカップの温度管理も結構難しかったです。
 
次回は5000番台のご依頼も再度頂けるとの事で感謝しております。
 
作業風景と完成品はこちら↓↓↓
 


アルマイトと言っても、温度管理、ケミカル希釈比が決め手です!
※この材質には1回目は綺麗にのりませんでした、何故か解った人は凄い。
ココで1回目の苦悩(笑)
 
 
 
ちゃんとIARの圧入を解除して作業に取り組みました。
※2回目の苦悩はこれから、圧入を解除し、シャフトと水平を測って
圧入するもシャフトが綺麗に回らず、心折れかけ・・・。
8回JIGで調整して綺麗に回転。 しかしカシメは若干弱った。
(G籐様の思い切ってやって下さいというGOサインがあってこその成功です)
 

 
で、組み上げて、シャフトの当たりをとって完成。
 
え?ABUってピンク出してたっけ? なんて見る人が見れば気になっちゃうカスタム。
 
気になる人はお問い合わせを!
え、値段は?って。
 
超気軽に冷やかしでも結構ですのでお問い合わせをクリック。
 
(※製品の状態、希望により変動します。また同色で数台施工希望していただければ
ケミカル代金割引もさせていただきます。)
 
追伸:京都府のT川さんの2500Cは熟成させてますので、もうだいぶしばらくお待ちください。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿