2013年7月8日月曜日

ABU 2500C 彫刻。

首都圏より、O田様。
 
ブログをご覧いただき彫刻のオーダー頂きまして、
ありがとうござました。
 
当サイトには珍しく、トラウトメインの方で、2g程度の
ルアーも使われたい、とのご要望で、最初はダイレクトで
そういうリールは無いかとのご相談でしたが、既に愛用の2500C
は相当手がかかっている様子。
 
スプールに、各々のシャフトにはベアリング。
勿論、チューニングベアリング。
 
回転はすこぶる良好。
 
最初はチューニングも! とご要望頂きましたが
当面は、そちらで使って頂くことをおススメさせていただきました。
 
しかし、クラッチの切れ具合が悪いとの事でしたが、理由は
単純なところにあったので、彫刻のついでに修正しておきましたので
様子を見てみてください、少なからず良くなっていると思います。
 
で、完成品はコチラ!
 

 
黒いアルマイトボディに、シルバーの唐草模様が
映えていて、メチャクチャ渋いと思います。
 
 
シェイクスピアと勘違いする方もおられましたが、
よくよく見るとABU!? と驚かれていました。
 
O田様の思惑どおりのリールに一歩でも近づけたので
あれば、私としても光栄です。
 
また、何かあればお気軽にご相談下さい。
彫刻部分は、使えば使うほどアルマイトが擦れて、ぼやける様に
味わいが出てくると思います。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿