2014年2月15日土曜日

人からもらうものは別格。

こうやって、交換した道具がいまも数百キロ
離れた仲間が使っていると思うと
とっても、嬉しくなる。
 
しかもこのクソ、雪の中浮いてる。
並の根性じゃない、俺達を奮い立たせてくれる
何かがあるから、浮いてる。
 
きっとその何かがこのY氏はぶっ飛んでる
こういう仲間に出会えてよかった。
 
別に本音でお互い、人生も遊びも語れ、ワガママも言え
そんな釣り仲間は早々見つからない!
 
人からもらったもの
 
それは別格。
 
やっぱり、売ってるものでも良いけど
仲間どうしで交換して、道具の思い出を語り合ったり
新しい発見があったり。
 
第一、私はこう思う。
思い入れの入った道具の方がカッコよく見える!
 
歴史的なものや、その仲間がコレであんな釣りを
してきたと考えるとワクワクするし、手にする度に
その思い出を貰った気持になれる。
 
だから、私はよっぽど気に入らない限り、新しいロッドは巻いたり
買ったりしません。
 
 
 

オラオラのテスト中!
 
ネーミングは彼。
 
オラオラ系男子が見放される、世の中
ブラックバスを女性にたとえて、バスに対しても
こっちに合わせてやると言う
 
この思い入れ(笑)
 
いや、熱いです。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿