2014年8月6日水曜日

リグについて。

リグについて。
 
キャストの精度が悪いから、よくケツをぶつけて
もしくは意図的にリザーバーなんかで岩盤にぶつけることが多いと思う。
 
とくに俺はキャストが下手だ。
せやから、リグが曲がるのが残念。
 
せやけど、やからといってごつすぎると狙った音が出ず
綺麗な音になってしまったりする。
 
そんな話を毎晩のようにテスターY氏と電話をし
ああでもないと繰り返す。
 
 
 
 
画像は今までの太いヒートンとは比べ物にならない
特注サイズ!
 
安心できる、男らしさはある
けど、コストやらなんやらおいといても
ここまでゴッツイと悩むもんがある
 
お客さんでコロラドやらなんやらケツにつけて遊べる
スプリットリング入れるサイズちゃうやんと。
 
確かに見た目はカッコイイし、他と違うものを使ってる
感じはあるけど、ほんまにそれかいな?と思った。
 
作っては壊し、理想があれば形にして
これでもかってくらい答えのないものを作ってる。
 
もう、そんなこともそろそろ終盤。
リグは従来通り、ケツはボルトで行きたいと思う。
 
もち、さんざテストしてのりずらかったバランスもかえて
バイト一発、のりよく。
 
追伸!!!!
 
ウネウネ、新ブランクようやく選抜メンバー出ましたんで
そっから、さらに磨きをかけて、ご注文頂いた方のところへ
羽ばたいていけるよう、準備中で御座います。


0 件のコメント:

コメントを投稿