2014年8月17日日曜日

大切な事を書きとめるノート

楽しい家族でのお盆休み終了!
いうても父の私は明日から、家業が始まるので一足お先に新幹線で。
 
娘が、どうしても俺の実家が楽しかったらしく、帰りたくないと喚き
柱にしがみついてでも、もっといたいというもんで・・・。
 
それだけ気に入ってもらえれば、親父にお袋は大喜びだったかな!
 
 
新幹線で自宅へかえり、ところ変われば、散らかった私の工房。
頼まれているものをやりながらも、煮え切らない毎日!
いち早く作品を渡すのは簡単やけど、四苦八苦。
 
ふと
 
自分の壁にぶちあたったなんてことしょっちゅうだ。
せやけど、自分の作品やし、自分が自信もってこれや思わんかったら
出来ないと言うことを
 
今日、数十年振りにふと、ある人を思い出して電話をしてみた。
(トールマンが鼻水たらしながら通った造形教室)
 
 
ルアーという枠組みではあるものの、
 
こうしなきゃならない
 
とか
 
こうなってしまった
 
とか
 
そういうことはさておき、自分の人生の中で何に対して影響されて
何を取りこんできたかと言うのは人として免れない事。
 
でも、それが故に、そのものの中に自分が感じつつあるものを
もっと見出していかなきゃいけません。
 
で、もっともっと 自然、水、ソラから降り注ぐものに
何かを感じ、その何かをヒントに
 
すべて、人がたどった道の足跡ばかり気にせず
自分の自信を持って進むべきだと思った。
 
あとは、御託じゃない部分も大きい世界やし、そこんとこ
もっと、自分を前に前に、自分が思うよりつんのめるくらい
にやっていかないと、届くものが少ないんじゃないかと思った。
 
そう、自分で作った物の時点で、自分のものなのだ。
 
偉そうな文面で大変恐縮ですが、自分があとでこのブログを
読んだときに、そう感じていられますように。
 
きっとテスターのY氏もこれを言いたかったんだろうか??
 
 
事務処理したり、組み上げ工程は省スペースの為
ココでやってますが、子供が好きなモノを作ってならべてたり。
 
 
たまに食べたコンビーフ と、実家で91歳の大おばあさんと
交わした酒が上手かったり。
 
 
で、また帰ってきたらかたずけ~!!
 
思う存分できる場所が欲しいっ!
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿