2015年3月20日金曜日

釣具のハンター

なんとなく、息抜きにバスフィッシングを始めたことのことを思い出したので
書いてみます。

僕の地元には以前、釣れる池がないと書きましたが、ようやくの思いで
みつけた野池、それからというものカリカリのリールじゃなくて
ベイトリールが欲しくて、どうしても欲しくて。

何かと学校帰りは釣具屋行って、売れてないか見に行って。
他のリールと迷ったり、カタログばっかり見てたっけなぁ。

で、今は考えられないロレックスしてるさもな、店長。
社員は片や帰国したのメッチャ厳ついにお兄さん。
かたや、超爽やかでジャニーズ系だけども真面目を絵に書いたような
お兄さん。

二人共、バスプロ目指して海外に行くって言ってたなぁ。
きっと今ごろ50歳くらいになってるんだろうなぁ、会ってみたい。

もし、このブログ読んでる奇跡があればお便り待ってます。
、厳ついお兄さん、アメリカで成功したら向こうで釣りさせてやるよ
ていってくれてたし、爽やかなお兄さんはたしか同棲してたから
奥さんも連れて行ったのかなぁ~。

たまーに気が向いたように、休みの店舗のシャッターをあけてカリブで
遠くの池に連れてってくれたなぁ、すごい上手いのに、あんまり竿は握らなくて
レトロなカメラに、タックルでハングのしたに決めてたなぁ~。

探偵ナイトスクープに応募しようかなぁ。

で、話にもどると結局買ったのは

一年中学生になってからお年玉やらなんやら全部貯めて
スコーピオンの白いクイックファイヤ、スコーピオンのロッド。

青いシマノのラインがカッコヨカッタンダヨナァ・・・。

その頃釣り業界(俺の中)で流行ったもの。

ジェット天秤。
ブラクリ。
シマノ エクセージガール
ロッドアンドリール は決まって田中律子。

トップウォーターは、真冬で、チンコのルアーで釣ってる記事が衝撃的だったなぁ。




0 件のコメント:

コメントを投稿