2015年4月20日月曜日

ご多忙中の

更新遅れまして、ゴメンナサイ!

鯰軍団ペンシル、やればやるほど 提案が出てきて話しながらでもいざ
モノを進めていきたいと思っています、きっと他の軍団員さんからも絶賛
頂けるように!

ジタバタさんも、スミマセン!

ニッシーさん、そろそろ工房へ遊びに来て下さい。

このブログを読んでいる方は、お気軽にお問い合わせを~!!!

新作リリース、製造は半ばです。
なんでこんなにまたせんねん! はい、もうゴメンナサイとしか~!

でも、トールマンペラ、こだわりをふんだんに使った新作、こうご期待。

で、

ですよ 

我が家に、こんなリールがノッティから嫁いできました。
もちろん、お客さんの仕事の合間に弄ってるくらいですけど(笑)

このダイレクト、ガルフと言いまして
戦後、WW2(第二次世界大戦)で余ったベアリングをもとに、
フルーガーシュープリーム、当時最高とされていたデザインと巻き心地を
当時の回転技術で作ったものです。

無垢なアルミがカッコいいです、一度持ってたけど壊れて、本当に欲しいものは
自分の手元に戻ってくるのでしょうか?

自分がほしいと思ったからそうなったのでしょうか?

本当に欲しいものは欲しい人のコト、分かっているのでしょうか?


いざ、リールの話させるとうんちくだらけで超煩いトールマンでした。


 
トールマンは、機械屋が本業?(飯を食う種)
ですが、そっちだって楽しんでやってます
だから、機械関連の部品だって沢山手配できるのです。
 
規格モノでも、いぃ~感じのブッシュ、ベアリング 探してきまっせ~
 
ベアリングの点で、抑えた回転の発生か!
面で滑るOilierのブッシュ性能か?
 
さあ、正しいのはどれだ?
 
工業機会に携わったことがある方なら分かるはず?
分からない人は、トールマンと釣りに行ったときに
どないやねん! と聞いてみてね。

0 件のコメント:

コメントを投稿