2016年12月1日木曜日

ルアーの形について1。

皆さん、今晩は! 

何とか今月も、日中の現場で汗をかきながら頑張って家族を支えるためのお給料を稼ぎ、夜はルアーの設計をしているトールマンです。

ルアーの形について、今後色々触れていこうと思いますが、しゃべりだすと延々と熱くなってしまうタイプなので、ザックリと思っている事をかいてみようかなぁと思います!


ルアーの形ってのはそもそも、シンプルなものが多いと思います。
どうしてそうなるか、なんて考え出してもしょうがありません

だから、こういう面白い形にしたいなぁとか、ちょっと遊び心を入れたいなぁ
と思って、テストキャストに行って、アクションさせて、またセッティングして
削って アアアアアア!!ってやってると、結局シンプルな形に行きついてしまうのです
すなわち、過去に誰かがやってる形に近いものになるんですよ。

だから、世の中のルアーで、コレはどれどれのパクリだ!
という人がいますが、既に大抵のルアーの形って50年以上前に
出まくってるんですよね!

だから、僕が作るルアーもペンシルベイトパクリだし
ダブルスイッシャーパクリなんですよ。

(笑)


結局のところ、ルアーって動きに制約があって、引いてるほうにすすむので
(逆方向に竿で泳がせれたらノーベルだと思います)
横方向の動きか、縦方向の動きになるんですよね。

そうなってくると ほら そう言う事なんですよ。

だから、作る上でその方向性をどうするか、どういう動きに振るか
料理も同じだし、レーシングマシンだって結局F1の形になってまうよな!
って話をY氏ともしていました。

だから、トールマンルアーズはスタンダードスタイルを続けます。

次回作、ゼロファイター&バスマイクペンシル
プロトタイプのルアーですが、動きはしっかりしたものにするよう
今から煮詰めていきます!

日章カラーは両方とも出すつもりです!
トップウォーターの趣、勝負、懐古
全て日本発の文化です。 

Do the Japan Style!!!!
Do the top water!!

0 件のコメント:

コメントを投稿